企業情報
 
 
萬代商事株式会社
沖縄染織品の製造・販売
 
会社紹介
琉球王国として輝かしい王朝文明を誇った沖縄。私たちの願いは、その素晴らしい文化を染織工芸を通してみなさまにお伝えすることです。沖縄染織の素晴らしさはそのおおらかさと力強さにあります。特に首里織・紅型は身分の高い人々の手で貴族以上の人たちの衣装として造られたもので日本の他の染織と違う歴史を持っています。沖縄染織を形作っているのは歴史・文化・自然・風土であり、そこから生まれる沖縄の人たちの持つ独特の『美意識』です。いま、その素晴らしい物が特色を失いつつあります。私たちはそこに問題意識をもち、沖縄染織本来のすばらしさを多くの方々に理解して頂きたいとおもっております。
 その他、独自の美意識を活かした染織品を製造しております。
京友禅、西陣織など高級フォーマル呉服など幅広いジャンルの着物も取り扱っております。
 
代表者 
萬代学 (萬代屋竹渓斎宗晏)
 
資本金
25,000,000円
 
社員数
3名
 
取引銀行
三井住友銀行 備後町支店
 
役員
代表取締役社長:萬代学
監査役:萬代妙子
 
電話番号
072-957-5483
 
FAX番号
072-957-5483
 
メールアドレス
manabu@mandai.name
 
郵便番号
583-0864
 
住所
大阪府羽曳野市羽曳が丘5−1−1
 
地図
 
アクセス方法
近鉄南大阪線 藤井寺駅より
 
会社沿革
昭和41年 萬代好が大阪市東区安土町にて法人設立  
沖縄・東南アジアとの貿易を始める
昭和47年 沖縄本土復帰
全国有名デパートで沖縄物産展に出品                      
昭和49年 大阪で本土初の芭蕉布展を開く
昭和51年 本土で初めて宮古上布の実演を披露する
昭和52年 オリジナル草木染作品を考案、販売にあたる
昭和55年 全国有名デパートで琉球伝統染織展を開催
      慶長古典譜色無地着尺が大ヒット
平成10年 現事務所移転
平成11年 萬代学が社長に就任
平成12年 首里織の普及に取り組む
平成12年 倉敷にて『喜如嘉の芭蕉布展』
平成13年 博多に祝嶺恭子先生を招き講演会を開く
平成15年 京都にて『首里織展』
平成16年 首里織無地着尺誕生
平成19年 うぶる型着尺誕生
平成20年 上山弘子氏の協力で有機栽培琉球藍染無地『美ら藍着尺』誕生
平成23年 堺更紗の復元を目指した『もずや更紗』誕生
平成24年 オリジナル東京染小紋『えばみりをん』誕生
      千利休から萬代屋宗安に贈られたという『もずや緞子』復元
      日本工芸館にて『琉球染織展』開催
      ギャラリーもずにて『琉球染織展』開催
 
社長略歴
昭和39年  大阪市生まれ
昭和63年  慶應義塾大学経済学部卒業(村田昭治研究会)
同年    鐘紡株式会社入社(羊毛事業部・大垣工場勤務)
平成2年  萬代商事㈱入社
平成11年  創業者萬代好の死去を受け、社長に就任
平成21年 大阪芸術大学にて染織を学ぶ
平成24年 慶應義塾大学法学部に学士入学
泉州慶応倶楽部会員
 
備考
 
Get Adobe Flash Player
 ※最新のFlash Playerをダウンロードしてください。 FLASH / HTML  /   RSS
※Windows 95/98/Me/NTをご利用の方はHTML版のページをご覧ください。